ワクラクにはどんな仕事があるのか


ワクラクにはその日に働ける仕事がたくさん掲載されています。

やはり初めての職場になることがほとんどなので、自分にもできる仕事内容なのか、というのは一番気になるところですよね!

この記事では、ワクラクではどのような仕事が多く募集されているのかをまとめます。

ワクラクの業務は日付別と、カテゴリー別で検索することができます。

さらに、キーワード検索で店舗名などから探すこともできますよ。


日付別

自分が働きたい日に合わせてお仕事を探せます。

東京での業務件数は、1日あたり10件から50件ほどです。

「○件募集中」と書かれている部分は、応募が可能なワークの件数を表示しています。

満員になって締め切ったワークも含めると、毎日けっこうな件数の募集があることがわかります。


飲食店の業務が多いので、週末や連休はワークの件数が一気に増えます。

業務の一週間前から当日まで、どんどん業務が追加されていきますが、それぞれの業務の募集人数は一人か二人がほとんどのため、良い条件の業務からどんどん満員になり締め切られていきます

働きたい日ができたら、こまめにアプリをチェックすると良いですね。


カテゴリー別

①レストラン

ワクラクではレストランの募集件数が非常に多いです。

ほとんどがホール接客業務ですが、キッチン補助や洗い場などの業務もあります。

飲食店勤務経験を求める業務と、未経験者歓迎の業務があります。

今までに飲食店でのホールスタッフ経験がある方だと格段に選択肢が増えるので、ワクラクは使いやすいと言えます。


②居酒屋

仕事内容としてはレストランと似ていますが、居酒屋の仕事も非常に多いです。

この二つを合わせて全業務の90%ほどを占めるといっても良いほどです。

レストランとの違いは、営業時間の関係でほとんどが夜間帯(17~23時)であること、お酒を扱うのでレストランとはまた違った接客スキルが必要なことでしょうか。


③オフィス
  • データ入力
  • テレフォンアポイント
  • 梱包、発送
などがあります。

平日の昼間(10~18時)での仕事が多かったり、ピークタイムに絞っている飲食店に比べると時間が長めという特徴があります。

業務件数は全体の5%ほどと少ないので、なかなかタイミングよく見つけて応募するのは難しいです。


④その他
  • 引越し手伝い
  • コンビニスタッフ
  • 工場作業
  • アンケートモニター

こちらも募集件数が少なく全体の5%ほどしかなく、なかなかこのカテゴリーの仕事には出会えません。

飲食店の勤務経験が無いワーカーにとっては③オフィス④その他の業務は応募しやすいワークが多いため、件数が少ないことと相まって応募が集中しすぐに締め切られてしまうことが多いです。


まとめ

今のところワクラクで募集されている仕事はほとんどが飲食関係です。


飲食での仕事が得意な人にとっては、ワクラクで選べる仕事は多くあり、いつでも仕事を入れられる理想的な環境といえるでしょう。

逆に飲食での勤務経験がなく、これから働いてみる気もない人にとっては、なかなか条件に合う仕事を見つけられずレア案件の取り合いになってしまいます。


ただ、ワクラクで応募したワーカーには基本的に未経験でもできる仕事を任されることが多いので、応募資格として勤務経験や資格を求められない限り、未経験だからといって臆することはありません。

未知の仕事を1日限りで体験できるのもワクラクの面白いところなので、思い切って飛び込んでみると意外と自分に合った仕事を見つけられるかもしれませんね。