ワクラクとタイミーどっちが使いやすいか徹底比較


「ワクラク」「タイミー」は、とてもよく似たデイワークアプリです。

どちらも面接や履歴書なしアプリだけで応募ができ、すぐに働くことができ、報酬がすぐにもらえることが特徴です。

同じようなサービスのアプリですが、どのような違いがあるのか、どちらが使いやすいのかを徹底的に比較します!


①業務件数

ワクラク

一日あたり30件〜70件
タイミー 
一日あたり50件〜150件


扱っている業務件数はタイミーが圧倒的に多いです。感覚的には2倍くらいの差があるように感じます。

人気のお仕事は早い者勝ちになってしまうので、やはり件数は多ければ多いほど働きやすいと言えます。


②登録ワーカー数

ワクラク

30000人以上

タイミー

60000人以上


いずれも数ヶ月前の公式発表であり、現在も増えている途中です。

今のところタイミーの方が規模が大きいのは間違いないでしょう。

業務件数に比例してワーカー数も多くなっているので、案外需給のバランスは取れているような感じはしますね。


③業務検索方法

ワクラク
  • 日付、カテゴリー、キーワード検索

ワクラクの仕事は3つの方法で探せます。

働きたい日にちで検索、仕事の種類で検索、店舗名で検索、というように目的に合わせて探すことができます。

  • 複数日検索ができる
応募の際に、同じ業務が複数の日程で募集されていることが一目で分かります。

気に入ったお仕事に連続で入りたい時なんかは予定を組みやすいですね。


タイミー

  • 日付、位置表示

タイミーでも働きたい日にちから仕事を探すことができます。

特徴的なのは働く店舗を地図で表示できることです。

移動距離やルートを想像しやすく、同時に付近での募集情報も一度に見ることができます。

  • 通知設定ができる
働きたい日や気に入った仕事をブックマークしておくと、業務が追加された時に通知が来る設定ができます。

募集が始まったことがすぐにわかるので、何度もアプリを立ち上げて確認する必要がなく即応募しやすいです。

右上のスイッチをタップで指定日に募集があった時に通知、ハートマークをタップすると同じ店舗の業務が募集された時に通知ができます。


④給与

ワクラク
  • 時給1000〜1200円(平均値は1100円)
  • 深夜割増手当あり
  • 交通費 一律500円
  • 給与振込 月末締め翌月25日払い(手数料なし)、翌日振込(手数料600円)
  • 今のところ追加報酬キャンペーンはなし

※ワクラクは地域によって時給などが異なるため、首都圏の業務で比較しています。


タイミー

  • 時給900〜1100円(ほとんどが1000円)
  • 深夜割増手当なし
  • 交通費 一律500円
  • 給与振込 希望のタイミングで申請すると翌日振込(振込手数料250円)
  • 期間限定でキャンペーンが行われ、追加報酬を受け取れることがある


時給は平均するとワクラクの方が高いです。

タイミーでは22時~5時の割り増し賃金がもらえないので、全体的にワクラクの方が稼ぎやすい傾向があります。


給与振込のシステムが大きく違います。

タイミーは好きなタイミングで振り込ができ、毎回手数料が250円かかります。

ワクラクは翌月25日払いであれば手数料はかかりませんが、翌日振込手数料はタイミーの二倍以上です。

すぐにお金が欲しい人は手数料が安いタイミーが有利で、すぐにお金が入らなくてもいいから手数料を引かれたくない人にはワクラクが有利ですね。


⑤相互評価制度

ワクラク

星五段階評価。

店舗がワーカーに付けた評価をワーカーが確認することはできるが、ワーカーが店舗に付けた評価は公開されない


タイミー
Good/Bad評価。

ワーカー、店舗それぞれのGood率と、業務後のレビュー(コメント)がお互いに公開される



どちらも相互評価を行なっているものの、業務レビュー(コメント)の有無は大きな違いです。
ワクラクにしてもタイミーにしても、初めての業務に申し込むことがほとんどなので、ワーカーにとっては様々な不安が付きまといます。

そのため応募前に店舗のGood率と、その店舗の業務経験者によるレビューで、どのような仕事だったか確認できるのはとても安心します

事前に業務の評判を知りたい人にとっては、タイミーの方が応募時に得られる情報が多いのでオススメです。


⑥サービスエリア

ワクラク

東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、福岡、熊本、北海道

タイミー

東京、神奈川、千葉

※2019年5月現在、業務が発生しているエリア


タイミーもワクラクも対応エリアを次々と拡大中ですが、現時点でカバーしているエリアはワクラクの方が広いです。(ワクラクのサービスエリア

ただ、ワクラクは現状では関東以外はほとんど募集が無い日が多く、テスト段階のような状況です。

今後、本格的に始動すると業務数も増えて利用しやすくなっていくでしょう。


⑦対応機種

ワクラク

iOS、Android

タイミー

iOSのみ


ワクラクはiOSにもAndroidにもどちらも対応しています。

一方タイミーは今のところiOSのみしか対応していません。

Androidのスマホを使っている人だと現状ではタイミーは選択肢に入りません。


まとめ

タイミーとワクラク、それぞれ優れているところがありますが、両方利用してみた私があえて総合評価を行うなら、タイミーに軍配が上がるでしょう。
業務件数が多いことに加え、応募時にレビューを確認できることと、スピーディーに給与を受け取れる点が大きいと思います。

とはいっても、首都圏に住んでいてiOSを使っているなら、どちらか選ぶ必要はないのです。

それぞれの特徴を把握した上で両方利用すれば、条件の合う業務を見つけられる可能性が高くなります。

普通の仕事と違い、どれか1つに決めなければいけないわけではなく、どちらも使ってその都度好きなほうを選べるというのもこういう働き方の良いところですね。


逆に言えば、首都圏以外に住んでいる人や、Androidを使っている人は、現状ではタイミーで仕事を探すことができないので、ワクラクがオススメとなります。


タイミーの紹介もしています